BLOG

令和元年度 宅地建物取引士資格試験日

こんにちは

本日は不動産業をされておられる方の登竜門

年に1回しかない

宅地建物取引士資格試験です🎉🎉

 

平成26年度までは宅地建物取引主任者と言っていましたが、

平成27年度からは弁護士・行政書士と同等の

宅地建物取引と呼ばれるようになりました

武士の””です🙌🙌

 

 

国家資格で、合格率は例年2割以下‼

10人中2人以下の合格率😱

その難関試験に合格された方は、

不動産売買等の契約の前に重要事項説明書を読むことができます‼

 

これは一生に一回の大きな買い物をされるお客様に、

物件のあらゆる情報を契約前に説明するんですね😊

 

契約前にご納得して頂いてから契約書にサインして頂き、

後のトラブルを回避することが目的です

 

 

と、そんな重要な責務がある宅建士ですから、

しっかりと知識を勉強して、

ほんとのプロフェッショナルとして接客して頂きたいと願います

 

受験される皆様、本日は精一杯頑張って下さい🙏

合格致しますように💯

 

↓↓↓↓過去の試験状況↓↓↓↓

実施年度 申込者数(名) 受験者数(名) 合格者数(名) 合格率
宅地建物取引士試験 平成30年度 265,444 213,993 33,360 15.6%
平成29年度 258,511 209,354 32,644 15.6%
平成28年度 245,742 198,463 30,589 15.4%
平成27年度 243,199 194,926 30,028 15.4%
宅地建物取引主任者試験 平成26年度 238,343 192,029 33,670 17.5%
平成25年度 234,586 186,304 28,470 15.3%
平成24年度 236,350 191,169 32,000 16.7%
平成23年度 231,596 188,572 30,391 16.1%
平成22年度 228,214 186,542 28,311 15.2%
平成21年度 241,944 195,515 34,918 17.9%

PAGE TOP